故障の可能性があればデータ復旧サービスを利用しよう

ファイルの保存に

ファイル

ネット上にデータ保存

パーソナルコンピュータが普及し、写真やビデオ、テキストファイルなど数多くの種類のファイルを扱うようになり保存に使う容量も増えてきています。企業で使われるデータはコンピュータ内のハードディスクに保存することが多いですが、扱うファイルの数が多いことから容量が足りなくなってしまうことがあります。そうした際に有効なサービスがクラウドです。ファイルサーバを利用したクラウドは、主にインターネットを通して使うものです。企業間で使う書類をインターネット上に保存することができるので、置き場に困らず簡単に預けることができます。また、高速通信を利用したLANやWANを使ったファイルサーバを利用するため、通信にも時間がかからずに使うことができます。

ネット保存が人気

ファイルサーバを利用したクラウドが人気の理由は様々ではありますが、ひとつはその利便性にあります。クラウドはインターネットの接続環境があれば利用することができるため、スマートフォンやタブレット端末などで手軽に使うことができます。また、現在ではインターネットの通信環境が改善を繰り返されたことから通信速度も改善されています。アップロード途中で通信が途切れるというような事態も発生しづらくなっています。そのことから利用する人が増加しています。ファイルサーバを使ってクラウドにデータを預ける時には、ウイルスチェックを自動的に行うサービスも充実しています。また、大容量が用意されているため、容量に関する心配もせずに済みます。ネットワーク環境があれば場所を問わずに使うことができるので利用者にとっても便利であると言えます。